ABOUT / Sophie Hicks Architectsについて

1990年、Sophie Hicks Architectsは、当時ロンドンのArchitectural Association (英国建築協会付属建築専門大学) の学生だったSophie Hicksによって設立され、以来継続的に進化を遂げてきました。

設立当初は個人住宅の設計に携わり、この経験から、顧客に耳を傾け、ニーズを理解し、ディテールに配慮することが優れた建築の鍵であることを学びました。

また弊社は、Sophie Hicksが個人的にアートに関心を持っていたことから、美術界にも長年にわたり携わってきました。
ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの“Sensation, Young British Artists from the Saatchi Collection” (センセーション、若手イギリス人アーティスト – Saatchiコレクションより)、および“Picasso, Painter and Sculptor in Clay” (Picasso、画家と粘土の彫刻家) など、これまでに数々の美術展の設計を受託しています。

高級品が信仰された1990年代と2000年代には、建築的なブランド・アイデンティティをファッション会社に提供する仕事を受託しました。Paul Smithと協力して、エキセントリックな「家の中の店舗」と呼ばれるWestbourne Houseを設計し、Chloéのストア・コンセプトの開発と、これをベースとした世界100店以上の店舗の設計を担当しました。またYohji Yamamotoとは緊密な協力の下で、パリの旗艦店を設計しました。

弊社は、まず各ファッション会社のアイデンティティを理解したうえで、そのブランドの個性の進化を具体化する建築環境に置き換えるというアプローチをとりました。各プロジェクトの開始時にコンセプトを定義し、建築のプロセス全体を通してそれを基準として使用しました。この方法は現在、弊社の全てのプロジェクトに反映されています。
現在、弊社は不動産開発という新しい段階に入りました。投資家と協力して、興味深い建築を創造できるポテンシャルのある用地の獲得に取り組んでいます。

 
 
PROPERTY DEVELOPMENT / 不動産開発

2008年以来、Sophie Hicks Architectsは不動産開発に重点を置いてきました。
弊社は、12-19 Powis Mews, Notting Hill, London, W11の開発を通して得た経験に基づき、ロンドン中心部の開発用地を獲得しています。

弊社は、厳しい建築許可に関する制限のある用地を専門に取り扱っています。それは、このような場所だからこそ、インスピレーションのある建築的ソリューションと、許可上や法律上の障害物を取り除くための確固たる取り組みによって、大きな可能性が開かれると信じているためです。

竣工後、物件は販売または賃貸され、現在まで、投資家の方々に十分満足していただける利益を提供しています。
弊社は、自らが誇りに思える、十分にアイデアを重ねた建築的に興味深い建物を建設することを目標としています。

 
Earls Court Square (プランニング前段階) – この用地は現在ガレージエリアとなっています。弊社は、ここに一軒の家を建設する許可を取得し、建築的に興味深く質の高い建物を建てることを目指しています。Regent Square (建築許可を取得、着工段階)。1棟のジョージ王朝様式のテラスハウスがあり、その裏手には成熟した木々、静かな雰囲気、そして18世紀に墓地として使用されていた頃の名残である墓石が残る、独特な歴史的趣のある公園、St George’s Gardensがあります。弊社は、このジョージ王朝様式の家屋の庭にある建物を取得しました。この建物をすばらしい立地を活かした新しい家に建て替え、ガラス張りの上階から木々の茂みをのぞき込めるようにする予定です。ロンドン、Notting HillのPowis Mews (開発完了) 。建物が密集していながら、住宅需要の高いエリアにある19世紀のMews (馬小屋を改造した建物が並ぶ通り) を、住居とオフィス空間に変えます。住居とビジネススタジオを組み合わせ、Mewsに活気をもたらします。

 
 
RETAIL / ストア

Yohji Yamamotoのパリの旗艦店、Chloéのロンドン、パリ、東京の旗艦店とその他世界100店以上の店舗、Paul Smithのロンドンとミラノの旗艦店、Horn Red Ear Jeansの日本の店舗、およびSigerson Morrisonのロンドンの店舗など、世界中のストア・コンセプトを開発・設計しています。

 
 
RESIDENTIAL / 住居

Mendoza House (ロンドン、ケンジントン)。アパートを、かつての家族用住宅に戻しました。解体中に発見された、オリジナルの石の階段を復元し、キッチン、バスルーム、そしていくつかの家具をこの家のために特別にデザインしました。

ロンドン中心部の大きなひっそりした庭園にあるSieghart Houseは、ビクトリア朝のスタジオハウスです。建て直しと建て増しにより、広大な庭園を眺められるように設計しました。南側は、上部にテラスを備え、古いリンゴの木に覆われたガラス室が特徴的です。

 
 
DESIGN / 設計・デザイン

Sophie HicksとSophie Hicks Architects が特別にデザインした様々な家具、Paul Smithの香水瓶、そしてロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの3つの展覧会のデザイン。

 
 
PRESS /出版

スタジオのプロジェクトが紹介されている様々な本、雑誌や新聞の様々な記事。

 
 
CV / 経歴

2011年:2008年以来、Sophie Hicks Architects はロンドン中心部の不動産の取得と開発に重点的に取り組む。
 
2008年。Yohji Yamamotoのパリの旗艦店の設計。// ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの展覧会、”Miró, Calder, Giacometti, Braque: Aimé Maeght and His Artists” (Miró、Calder、Giacometti、Braque:Aimé Maeghtおよび彼のアーティスト) のコンセプト開発と設計。
 
2007年:世界中のChloéの店舗の設計 (コンセプト開発を含む)。2002年以来今日まで、パリ、東京、香港、ロサンゼルスおよびニューヨークの旗艦店を含む、100を超える店舗設計を担当。
 
2005年:倉庫をオフィスや住居にする開発 (ロンドン、Notting Hill)。
 
2002年:Chloéのストア・コンセプト開発。ロンドン、Sloane St.のChloéの旗艦店の設計。// HeathrowのPaul Smithの店舗設計。// ロンドンのPaul Smithのアクセサリーストア2店舗の設計。// 日本のPaul Smithのウィメンストアの新コンセプト開発。// 東京のRed Earジーンズストアの設計。
 
2001年:個人住宅の設計 (ロンドン、Notting Hill)。// Paul Smithのアクセサリーと下着ストア (ロンドン)、および世界中の下着のディスプレイ家具の設計。// ミラノのPaul Smithの旗艦店の設計。2000年:日本のPaul Smithのウィメンストアのコンセプト開発。// Paul Smithの香水ディスプレイのコンセプト開発。広告キャンペーン用にも使用。// Boden (通信販売のアパレル会社) のオフィスの改装の設計 (空間計画とコールセンターを含む)。// Sigerson Morrisonの靴店の設計 (ロンドン、Notting Hill)。// Paul Smithの「World Bar」(パリ) の設計およびコンセプト開発。// 製品デザイン – Paul Smithの香水瓶。
 
2000年7月に発売。 // 南仏、Hyèresの海岸の新築の私宅の設計。
 
1999年:1993年にArchitectural Association Councilの普通会員となり、1997年に副会長に就任。
 

1998年:ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの展覧会、”Picasso: Painter and Sculptor in Clay” (Picasso:画家と粘土の彫刻家) の設計。// Paul SmithのWestbourne House旗艦店の設計 (ロンドン)。
 
1997年:Paul Smithの店舗設計 (ロンドン、Sloane Avenue)。// ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの展覧会、”SENSATION, Young British Artists from the Saatchi Collection” (センセーション、若手イギリス人アーティスト – Saatchiコレクションより) のデザインを担当。// ロンドンおよびその周辺の多数の個人住宅の設計。// 「Sieghart House」スタジオハウスの再建 (ロンドン、Holland Park) および新築のゲストハウスの設計。// Connollyの店舗デザインの試作品の設計。
 
1994年:RIBA Part 3資格を受け、公認建築家となる。// Forward Publishing (ロンドン)のオフィスの設計。
 
1993年:ロンドンのアパート内装リノベーション。
 
1992年:ガラス家具をデザインし、ロンドンのJosephにて展示。
 
1991年:ロンドンのロイヤル・アカデミー・オブ・アーツでの展覧会、”Pop Art” (ポップアート) の設計。
初の私宅の改装 (ロンドン)。
 
1990年:SH Ltd Architects設立。
 
1987年:ロンドンのArchitectural Association School of Architectureにて学び (1987~1993年)、AA学位を取得。